コラーゲン鍋は食べても意味が無い?

巷では女性向けにコラーゲンたっぷり!的な料理であふれていますが、ほとんど意味がないそうです。

もともとコラーゲンは体内で吸収されにくい大きな分子ですから、それがそのままお肌に良いという事は無いんですね。結局一度分解されて、身体の色々な部分に栄養として届けれられてゆくということです。

もちろん、人間の身体は食べモノの栄養で構成されていますから、全く摂らないよりも摂ったほうが良いです。ただ、直接コラーゲンを摂ってもあなたが思っている効果は無いということです。

摂るのであれば、しっかりとコラーゲンを体内に届ける事を目的とした商品を利用し、さらにコラーゲンを吸収しやすくするビタミンCなどと一緒に摂るのが大切です。

そして、成長ホルモンが分泌されやすい夜10時〜夜中2時の間に寝ている事が大切です。

摂れば良いということではないのですね。

正直、規則正い生活を送り、食事にも気をつけていればそれほどコラーゲンが必要な状況は無いハズなんです。ですが、現代人にストレス溜めるなと言っても無理ですし、色々なお付き合いもあると思うので、お肌に対する罪滅ぼし的な感じにコラーゲンを摂取していると私は考えます。

また、コラーゲンの効果が「ある派」「ない派」で分かれているそうですが、私は「ある派」です。しかし、前述の通り、それだけ摂ってもダメですよ、という立場です。


スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。