コラーゲンとは?

コラーゲンと聞くと、プルンプルンしたものを思い浮かべると同時にお肌に効果があるというイメージを抱く人も少なくないと思います。しかし、これから摂取しようと思っているコラーゲンの知識がこれだけというのはなんとも寂しい。というわけで、コラーゲンとはどんなものかを掘り下げてみましょう。

コラーゲンとはタンパク質の一種で、体中のあらゆる組織に存在しています。タンパク質と聞くと、筋肉をイメージする人も多いと思いますが、コラーゲンの存在の仕方は他のタンパク質とは異なります。

コラーゲンは細胞と細胞の隙間に存在し、細胞と細胞を結合する働きや、老廃物を排出する働きをします。コラーゲンは加齢によって体内で作られる数を減らし、25歳くらいから少しずつ減少していきます。コラーゲンが減少すると細胞と細胞を結合する働きが弱まるので、結果的に皮膚のたるみなどが出現する事になりますし、水分を保つ場所も同時に失われるので肌のカサつきの原因にもなります。

コラーゲンの不足による影響はお肌だけではありません。コラーゲンは全身のあらゆる場所に存在するたんぱく質なので、コラーゲンが存在する場所である内臓・骨・関節・髪など様々な場所に影響を及ぼします。

例えば内臓機能の低下、骨粗しょう症・関節炎・白髪や抜け毛など様々です。コラーゲンとは人体にとって必要不可欠なものであり、老化により失われる分、良質なコラーゲンを摂取しなければなりません。コラーゲンを保つという事は若さを保つのと同じ意味と言っても過言ではありません。

コラーゲン料理・レシピなどがネット上に盛んに見られるのも、こうした意味があるからなんですね。
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。