ヒアルロン酸とコラーゲンの違い

コラーゲンと同じような効果があり、色々比較される事が多いヒアルロン酸。コラーゲン=ヒアルロン酸と誤解をしている方も多いと思いますので、コラーゲンとヒアルロン酸の違いについて説明したいと思います。

そもそもコラーゲンとヒアルロン酸は成り立ちが異なり、コラーゲンはたんぱく質の一種ですが、ヒアルロン酸はムコ多糖類の一種です。たんぱく質と糖の違いですね。また、コラーゲンは細胞と細胞をつなぐ重要な役割をしているもので、コラーゲンが不足すると肌のハリが無くなり、しわやたるみの原因になります。

ヒアルロン酸は保水力が強く、1gにつき6リットルもの水分を吸収すると言われています。この保水力により、肌をみずみずしく保つ働きをします。コラーゲンが細胞同士の結合を保ち、ヒアルロン酸が保湿する・・・と考えるとわかりやすいと思います。ということは、コラーゲンとヒアルロン酸は、密接な関わりがあるといえますね。つまりどちらが不足してもダメということになります。

体内のコラーゲンが不足すると、いくらヒアルロン酸を摂ってもヒアルロン酸が留まる場所が無いからですね。以上の理由から、ヒアルロン酸などのムコ多糖類を摂取するときは、コラーゲンのサプリメントなども一緒に摂取した方が良いと言われています。

また、ビタミンCもコラーゲンを体内で作る上で欠かせませんので、普段から不足しないように摂取する必要があります。

結構摂取するものがあって大変そうに思えますが、バランスよい食事を心掛けて下さいという事です。コラーゲンとヒアルロン酸の違いを理解し、正しく摂取してお肌を若返らせましょう。
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。