フィッシュ(マリン)コラーゲンとは?

コラーゲンは全身のあらゆる部分に存在するタンパク質で、細胞と細胞を結合する働きや老廃物を排出する働きをします。コラーゲンが不足すると、肌のしわ・たるみ、内臓機能の低下、骨粗しょう症、関節炎、白髪や抜け毛などを引き起こします。

加齢によって体内でのコラーゲン生成が減少してしまうので、足りなくなったコラーゲンを補う必要があります。そこで今回は、摂取するコラーゲンの種類について書こうと思います。コラーゲンには、動物性と海洋性のコラーゲンがあります。今回は海洋性のコラーゲンについて。

海洋性のコラーゲンのことを、フィッシュ(マリン)コラーゲンと言い、現在では多くのフィッシュ(マリン)コラーゲン製品が販売されています。フィッシュ(マリン)コラーゲンは動物性のコラーゲンよりも吸収率が高く、また、動物性コラーゲンよりも混入物が少ないので純度の高いコラーゲンができるのです。

データによると、フィッシュ(マリン)コラーゲンの吸収率は動物性コラーゲンの約7倍も高いのだとか。ということは、動物性コラーゲンでフィッシュ(マリン)コラーゲンと同じだけのコラーゲンを摂取しようとすると、フィッシュ(マリン)コラーゲンの7倍も摂取しなければなりませんよね。

人間が1日に必要なコラーゲンは、2.5g〜5gと言われていて、これを食事から摂取するのは豚足や牛肉のスジなどのコラーゲンの多い食べ物でさえ250g〜500gも摂らねばなりません。これらは脂質も多いので、かえって体を壊してしまいます。

ここは大人しく、フィッシュ(マリン)コラーゲンのサプリメントで補うのが利口と言えるでしょう。
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。