コラーゲンの効果・効能

コラーゲンの効果・効能は、お肌がプルプルになる以外に沢山あるんです。そもそもコラーゲンは人間の体内のあらゆる部分に存在するタンパク質で、タンパク質全体の約3割を占めると言われています。

タンパク質というと筋肉などを想像すると思いますが、コラーゲンは細胞と細胞の隙間に存在するタンパク質で、細胞と細胞を結合し形を保つ効果や、老廃物を排出する効果があります。コラーゲンが加齢と供に減少すると、細胞と細胞の結合を保てなくなり、お肌のたるみ、しわなどを引き起こします。

また、コラーゲンは体内のあらゆる場所にあるため、色々な場所にも影響を及ぼします。具体的には、内蔵機能の低下や骨粗しょう症、関節炎、白髪や抜け毛などです。

コラーゲンが加齢によって失われるのはあたりまえ。だったらアンチエイジングの為にコラーゲンを摂取すれば良いという事になります。しかし、人間の体がどうやってたんぱく質を取り込むかを考えるとちょっと矛盾があると思うんですよね。

コラーゲンを食べるとそれがアミノ酸に分解されて、それが体内でたんぱく質に再合成されますよね。コラーゲンを摂取したからと言って、それが全て体内でコラーゲンに再合成されるのかどうかという疑問が残ります。しかしながら、多くの企業がコラーゲンを摂取する事の効果・効能を謳っているのは科学的根拠があるからなのです。

実は、最近の研究で、コラーゲンを摂取すると体内でのコラーゲン代謝が良くなるという研究結果が出ているのです。コラーゲンを摂取すれば、それだけ体内でのコラーゲン代謝が高まり、アンチエイジングに効果があるという事になるのです。

つまり、コラーゲンを摂取する事による効果としては、加齢によって失われる効果を取り戻すこと・・・といえますよね。
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。