コラーゲンの美肌効果

コラーゲンが美肌に効果的だという情報が良く耳に入ってきます。しかし、コラーゲンを摂取した事による効果ばかりがクローズアップされすぎていて、どういう理由でコラーゲンが美肌に効果があるという事が説明不足のような気がしてなりません。今回はコラーゲンの美肌効果についてわかりやすく説明したいと思います。

人間の皮膚は何層にも分かれていて、大きく分けると表皮、真皮、皮下組織の3つになります。コラーゲンは真皮に存在し、細胞と細胞を結合する働きや老廃物を排出する働きをしています。

コラーゲンは加齢によって不足し、コラーゲンが不足すると細胞と細胞の結合が弱まるので、その結果肌はハリや弾力を失う事になります。つまり、たるみや皺ができるという事ですね。逆に言うと、加齢によるコラーゲンの減少分を補ってあげればアンチエイジングに効果があると考えられます。

巷で販売されているコラーゲン製品を大きく分けると、化粧品などの「塗る」摂取方法と、コラーゲンのサプリメント等の「飲む」「食べる」摂取方法がありますよね。しかし、この大きく分けた二つのコラーゲンの摂取方法ですが、根本的に美肌効果の考えが違います。

化粧品での美肌効果の場合を考えると、コラーゲンをいくら肌に塗ったところでコラーゲンの分子量が大きいので真皮まで到底届きません。つまり、コラーゲン補給による美肌効果は見込めないという事になります。純粋に、コラーゲンの保湿力に期待し角質層の潤いの為に使用することになります。

また、コラーゲンを飲んだり食べたりする美肌効果ですが、コラーゲンを口から摂取しても、タンパク質として体内に取り込まれ、体内でアミノ酸に分解されたから再びタンパク質に再構成されます。その際、摂ったコラーゲンが全てコラーゲンに再合成されるわけではないという事です。

しかし、最近では研究により、コラーゲンを摂取すると体内でコラーゲン代謝が活発になるとの研究結果が出ているようで、それによりある程度はコラーゲンの摂取は美肌効果があると言われています。
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。