食べるコラーゲンへの疑問

食べるコラーゲンというものが現在盛んに販売されています。食べるコラーゲンと検索すると、華舞の食べるコラーゲン・華舞の食べるコラーゲン魚由来のスティック・華舞の食べるヒアルロン酸コラーゲン・うるおい宣言の食べるコラーゲン・ニッピコラーゲン100などなど、色々な食べるコラーゲンが見つかります。

そこで疑問なのですが、カロリーも少なく、しかもコラーゲンも低分子化して吸収しやすいのでコラーゲン補給に最適とほとんどの会社が謳っている点です。

これだと、コラーゲンを食べるとあたかも全てが体内でコラーゲンになると誤解されると思うんですよね。つまり、コラーゲン食べる→コラーゲン吸収という誤解です。

そもそもコラーゲンはタンパク質の一種で、食べるコラーゲンを摂取すると体内で一度アミノ酸に分解されます。そしてそのアミノ酸が自分が必要とするたんぱく質に再合成されるわけで、食べるコラーゲンの全てがコラーゲンに再合成されるわけではないんですよね。

最近ではコラーゲンを摂取する事で体内でのコラーゲン代謝が活発になるという事がわかってきたの効果があると言われていますが、この辺りのデータがもっとはっきり販売ページに載っていればより信用できると個人的には思っています。

ちなみにコラーゲンは、動物由来のコラーゲンよりも、魚由来のコラーゲン(マリンコラーゲン、フィッシュコラーゲン)の方が吸収率が高いといわれています。食べるコラーゲンを選ぶときはこの辺りもチェックしたいですね。
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。