コラーゲンと老化

人体を構成するタンパク質の、約30%を占めるコラーゲン。細胞同士をつないで組織を強化したり、弾力性を与えたりする働きがあります。ところが悲しいことに、その合成量は加齢とともに急激に落ちていくのです。

年とともに体が老化していくのは当たり前のことなのですが、コラーゲンの量はなんと、40代からガタ落ちになってしまうのだそうです。今時の40代なんて皆さん若いですから、「40代で老化なんて冗談じゃない!」という声が聞こえてきそうですね。

コラーゲンの合成のピークは18歳前後で、25歳を過ぎると合成能力はかなり落ちるそうです。その後しばらくはコラーゲンの総量は多いものの、合成能力が落ちている為に古いコラーゲンの比率が高い状態が続き、組織の柔軟性や保水力が低下していきます。そして40代に入る頃には、コラーゲンの総量もピーク時の半分ほどになってしまうのです。

コラーゲンの合成量が減ると、当然皮膚の老化につながりますし、血管の老化も招きます。さらに、一般的にはあまり注目されませんが、臓器も老化してしまうのだとか。コラーゲンは全ての臓器の支持組織としても、重要な役割を果たしてくれているのです。

また、骨の老化とのかかわりも見過ごせません。「骨と言えばカルシウム」ですが、実は骨はコラーゲン繊維にカルシウムが付着して、成り立っているもの。コラーゲンの合成量が減るとコラーゲン繊維の密度が粗くなり、カルシウムとの結合性が低下して、スカスカの骨になってしまうそうです。
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。