コラーゲンの吸収

ここではコラーゲンの吸収について、経口摂取と肌に付けた場合とに分けて、お話ししたいと思います。コラーゲンドリンク、サプリメント、すっぽん鍋、ジェルに化粧水・・・。コラーゲン補給の効果を謳った食品や化粧品は数多くありますが、その実態はどうなのでしょう。

まずは、経口摂取から。この場合コラーゲンは、胃と小腸でアミノ酸や、アミノ酸が連なったペプチドに分解され、小腸の粘膜から吸収されて全身の細胞に運ばれる、という道筋をたどります。つまり、食べたり飲んだりして摂り入れたコラーゲンが、そのまま肌などの組織に届くことは、まずありえません。

また吸収されたアミノ酸やペプチドはどうなるか。これらが体内のコラーゲン合成の優れた材料になってくれれば良いのですが、残念ながら否定的な見方が強いようです。

たとえば、ヒドロキシプロリン。これはコラーゲンが分解されて出来るアミノ酸の一種ですが、変性している為コラーゲンの材料にはなれない、と言われているのです。

ここまで見てくると、「コラーゲンを摂っても、効果はないのかな?」という気になってきますね。しかしながら最近、ヒドロキシプロリンを含むペプチドに細胞の活性化作用がある、という研究結果も出て来ているのだとか。経口摂取におけるコラーゲンの効果の有無については、まだまだ結論は出せないようです。

一方、化粧品など肌からコラーゲンを吸収する場合は、低分子がカギ。肌が吸収できるコラーゲンのサイズは、分子量500程度だそうです。コラーゲンの吸収を期待して購入するなら、分子量の確認は必須ですね。
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。