コラーゲンは効果ない?

「コラーゲンなんか補給しても、効果ないよ」。コラーゲンについて調べていると、しばしばこのような「コラーゲン効果ない説」に行き当たります。実はコラーゲンを食べたり、肌に付けたりする効果については、否定的な意見がかなり強いんですよね。

確かに、「コラーゲンのようなタンパク質は、摂取後にペプチドやアミノ酸に分解されてしまう」「コラーゲンの体内合成に使われるアミノ酸は、コラーゲン由来のものでなくても、どんな食品由来のものでもOK」というのは科学の定説。また、「コラーゲンは高分子化合物である為、そのまま肌から吸収されることはない」というのも、もっともな話なのです。

「わざわざお金を出して、コラーゲンドリンクやサプリを摂るのは無意味」「コラーゲン入りの化粧品は効果ない」という考えに行き着くのは、至極当然・・・という気がしますね。

しかし、コラーゲンに関する詳しい研究はまだ道半ばであり、その中でコラーゲン補給の効果を裏付けるような、新しい事実も出て来ています。たとえば「コラーゲン由来のペプチドが、コラーゲンの体内合成を促進している可能性がある」ということも、最近分かってきたのだそうです。

今後の研究次第では、「コラーゲンの経口摂取効果ない説」も覆されるかもしれませんね。

また化粧品についても、最近は低分子のコラーゲンを配合したものが出て来ています。肌が吸収出来るサイズにまで、コラーゲンを低分子化している訳ですね。

コラーゲン入り化粧品においても、「効果ない」とは言い切れなくなってきているのが、現状のようです。
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。