コラーゲンの不足

コラーゲンの不足、というと、まず浮かぶのが肌の老化。若いころはハリがあり、ツヤツヤだった肌が徐々に衰えてしまうのには、加齢によるコラーゲンの合成量低下が大きく関わっているのですよね。

しかし、血管や骨の老化とのかかわりも見過ごせません。こちらは動脈硬化や骨粗しょう症につながる可能性もあり、実は肌の問題より深刻かもしれません。いずれにしろコラーゲンの不足は、外見的にも内面的にも、体にダメージを与える訳です。

コラーゲンには血管の傷を修復したり、内皮細胞のすき間を埋めて、血管をしなやかに保ったりする働きがあります。コラーゲンの合成能力が落ち、新しいコラーゲンが不足すると、血管は当然硬く傷つきやすいものになり、傷の治りも悪くなるのです。

傷口にはコレステロールが付きやすいので、これが堆積して血管を狭め、動脈硬化や脳梗塞などに至ることも考えられるそうです。

また「カルシウムの塊」と思われがちな骨ですが、その構造を見てみると、コラーゲン繊維にカルシウムが付着して出来ていると分かります。新鮮なコラーゲンが不足すると、コラーゲン繊維は硬く、密度も粗くなり、カルシウムとの結合性が低下するのだとか。結果、骨がスカスカの骨粗しょう症になってしまいます。

コラーゲンの合成能力が落ちていくのは仕方がないことなのですが、上記の様な事態を防ぐ為、出来るだけのことはしておきたいですね。コラーゲンの材料と言えばアミノ酸ですが、体内合成の際には鉄・亜鉛・ビタミンCも欠かせません。

食事のバランスを大切にして、コラーゲンの不足を食い止めていきましょう。
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。