溶けやすいコラーゲン

コラーゲンの効果を狙った商品。食品部門では、ドリンク、ゼリー、錠剤、粉末タイプと、大体4つのタイプに大別出来ます。

しかしこれらの食品について調べていると、粉末タイプの商品にはどうも問題点が多いようです。「溶けにくくて使いづらい」「飲み物に入れたが、独特のにおいと味がしておいしくない」など、コラーゲンの効果以前の問題で、使用を中止してしまう方もいるそうです。

味の好みは人それぞれのところもありますが、溶けにくいのはやっぱり困りもの。粉末タイプのメリットは様々な料理やドリンクに入れて楽しめる、ということですから、溶けやすいものが良いですね。

その点、富士フイルムのアスタリフト コラーゲンパウダーはおすすめ。溶けやすいことにこだわったというだけあって、メーカーとしても「冷たい飲み物にも溶けやすい」と自信をのぞかせています。口コミでも「サッと溶けて使いやすい」と評判ですね。肝心のコラーゲンは、分子量700の低分子コラーゲン5000mg。他に、オルニチンなどが配合されています。

また、ファンケルのHTCコラーゲンパウダーも、比較的溶けやすい商品のひとつです。含まれるコラーゲンは、アミノ酸3つが連なった、コラーゲントリペプチドと呼ばれるもの。これが最も、吸収に適した形なのだそうです。商品にはこのトリペプチド2600mgと、ビタミンC・ビタミンEが配合されています。

一般的に粉末タイプの商品は、ドリンクタイプほど高価ではないことが多く、またドリンクタイプのように缶ゴミがたくさん出ることもありません。「コラーゲンの効果は欲しい、でもコストとエコは気になる」という方に、選ばれているようですね。
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。