コラーゲンとは?

コラーゲンと聞くと、プルンプルンしたものを思い浮かべると同時にお肌に効果があるというイメージを抱く人も少なくないと思います。しかし、これから摂取しようと思っているコラーゲンの知識がこれだけというのはなんとも寂しい。というわけで、コラーゲンとはどんなものかを掘り下げてみましょう。

コラーゲンとはタンパク質の一種で、体中のあらゆる組織に存在しています。タンパク質と聞くと、筋肉をイメージする人も多いと思いますが、コラーゲンの存在の仕方は他のタンパク質とは異なります。

コラーゲンは細胞と細胞の隙間に存在し、細胞と細胞を結合する働きや、老廃物を排出する働きをします。コラーゲンは加齢によって体内で作られる数を減らし、25歳くらいから少しずつ減少していきます。コラーゲンが減少すると細胞と細胞を結合する働きが弱まるので、結果的に皮膚のたるみなどが出現する事になりますし、水分を保つ場所も同時に失われるので肌のカサつきの原因にもなります。

コラーゲンの不足による影響はお肌だけではありません。コラーゲンは全身のあらゆる場所に存在するたんぱく質なので、コラーゲンが存在する場所である内臓・骨・関節・髪など様々な場所に影響を及ぼします。

例えば内臓機能の低下、骨粗しょう症・関節炎・白髪や抜け毛など様々です。コラーゲンとは人体にとって必要不可欠なものであり、老化により失われる分、良質なコラーゲンを摂取しなければなりません。コラーゲンを保つという事は若さを保つのと同じ意味と言っても過言ではありません。

コラーゲン料理・レシピなどがネット上に盛んに見られるのも、こうした意味があるからなんですね。

ヒアルロン酸とコラーゲンの違い

コラーゲンと同じような効果があり、色々比較される事が多いヒアルロン酸。コラーゲン=ヒアルロン酸と誤解をしている方も多いと思いますので、コラーゲンとヒアルロン酸の違いについて説明したいと思います。

そもそもコラーゲンとヒアルロン酸は成り立ちが異なり、コラーゲンはたんぱく質の一種ですが、ヒアルロン酸はムコ多糖類の一種です。たんぱく質と糖の違いですね。また、コラーゲンは細胞と細胞をつなぐ重要な役割をしているもので、コラーゲンが不足すると肌のハリが無くなり、しわやたるみの原因になります。

ヒアルロン酸は保水力が強く、1gにつき6リットルもの水分を吸収すると言われています。この保水力により、肌をみずみずしく保つ働きをします。コラーゲンが細胞同士の結合を保ち、ヒアルロン酸が保湿する・・・と考えるとわかりやすいと思います。ということは、コラーゲンとヒアルロン酸は、密接な関わりがあるといえますね。つまりどちらが不足してもダメということになります。

体内のコラーゲンが不足すると、いくらヒアルロン酸を摂ってもヒアルロン酸が留まる場所が無いからですね。以上の理由から、ヒアルロン酸などのムコ多糖類を摂取するときは、コラーゲンのサプリメントなども一緒に摂取した方が良いと言われています。

また、ビタミンCもコラーゲンを体内で作る上で欠かせませんので、普段から不足しないように摂取する必要があります。

結構摂取するものがあって大変そうに思えますが、バランスよい食事を心掛けて下さいという事です。コラーゲンとヒアルロン酸の違いを理解し、正しく摂取してお肌を若返らせましょう。

フィッシュ(マリン)コラーゲンとは?

コラーゲンは全身のあらゆる部分に存在するタンパク質で、細胞と細胞を結合する働きや老廃物を排出する働きをします。コラーゲンが不足すると、肌のしわ・たるみ、内臓機能の低下、骨粗しょう症、関節炎、白髪や抜け毛などを引き起こします。

加齢によって体内でのコラーゲン生成が減少してしまうので、足りなくなったコラーゲンを補う必要があります。そこで今回は、摂取するコラーゲンの種類について書こうと思います。コラーゲンには、動物性と海洋性のコラーゲンがあります。今回は海洋性のコラーゲンについて。

海洋性のコラーゲンのことを、フィッシュ(マリン)コラーゲンと言い、現在では多くのフィッシュ(マリン)コラーゲン製品が販売されています。フィッシュ(マリン)コラーゲンは動物性のコラーゲンよりも吸収率が高く、また、動物性コラーゲンよりも混入物が少ないので純度の高いコラーゲンができるのです。

データによると、フィッシュ(マリン)コラーゲンの吸収率は動物性コラーゲンの約7倍も高いのだとか。ということは、動物性コラーゲンでフィッシュ(マリン)コラーゲンと同じだけのコラーゲンを摂取しようとすると、フィッシュ(マリン)コラーゲンの7倍も摂取しなければなりませんよね。

人間が1日に必要なコラーゲンは、2.5g〜5gと言われていて、これを食事から摂取するのは豚足や牛肉のスジなどのコラーゲンの多い食べ物でさえ250g〜500gも摂らねばなりません。これらは脂質も多いので、かえって体を壊してしまいます。

ここは大人しく、フィッシュ(マリン)コラーゲンのサプリメントで補うのが利口と言えるでしょう。

コラーゲンと老化

人体を構成するタンパク質の、約30%を占めるコラーゲン。細胞同士をつないで組織を強化したり、弾力性を与えたりする働きがあります。ところが悲しいことに、その合成量は加齢とともに急激に落ちていくのです。

年とともに体が老化していくのは当たり前のことなのですが、コラーゲンの量はなんと、40代からガタ落ちになってしまうのだそうです。今時の40代なんて皆さん若いですから、「40代で老化なんて冗談じゃない!」という声が聞こえてきそうですね。

コラーゲンの合成のピークは18歳前後で、25歳を過ぎると合成能力はかなり落ちるそうです。その後しばらくはコラーゲンの総量は多いものの、合成能力が落ちている為に古いコラーゲンの比率が高い状態が続き、組織の柔軟性や保水力が低下していきます。そして40代に入る頃には、コラーゲンの総量もピーク時の半分ほどになってしまうのです。

コラーゲンの合成量が減ると、当然皮膚の老化につながりますし、血管の老化も招きます。さらに、一般的にはあまり注目されませんが、臓器も老化してしまうのだとか。コラーゲンは全ての臓器の支持組織としても、重要な役割を果たしてくれているのです。

また、骨の老化とのかかわりも見過ごせません。「骨と言えばカルシウム」ですが、実は骨はコラーゲン繊維にカルシウムが付着して、成り立っているもの。コラーゲンの合成量が減るとコラーゲン繊維の密度が粗くなり、カルシウムとの結合性が低下して、スカスカの骨になってしまうそうです。

コラーゲンの摂取量

コラーゲンの摂取量。「一日の適正な摂取量って、どの位?」と迷っている方も多いことでしょう。コラーゲン補給を謳っているドリンクやサプリメントを見ても、配合されているコラーゲンの量は商品によってまちまち。1000mg、5000mg、10000mgなど幅があり、中には20000mg配合というものまであります。

実は経口摂取したコラーゲンは、そのまま体内のコラーゲンに置き換わる訳ではなく、その多くが消化吸収の過程でアミノ酸にまで分解されてしまいます。そのアミノ酸が体内でのコラーゲン合成に使われている可能性はあるのですが、ではどれ位使われているのか?といった辺りは未だ不明です。

体内のコラーゲンは毎日2000mg失われる、と言われていますが、だからといって「一日2000mg以上の摂取量なら効果あり」などと単純に計算出来るものではないようです。

一方で、摂り過ぎの弊害も気になるところ。今のところ過剰摂取による被害の話は特に聞きませんが、余り摂取量を過ごさない方が良いかもしれませんね。現状では、摂取したコラーゲンの「その後」について、よく解明されているとは言えないからです。

ちなみにコラーゲンの摂取でアレルギーが起き、皮膚に赤みやかゆみが出た、というケースはあるようです。魚由来のコラーゲンはアレルギーを起こしにくいと言われていますが、ドリンクやサプリメントに使われているコラーゲンには、豚や牛由来のものもあります。

食物アレルギーの方はコラーゲンの摂取量より、原材料に注意して購入なさってくださいね。

コラーゲンの吸収

ここではコラーゲンの吸収について、経口摂取と肌に付けた場合とに分けて、お話ししたいと思います。コラーゲンドリンク、サプリメント、すっぽん鍋、ジェルに化粧水・・・。コラーゲン補給の効果を謳った食品や化粧品は数多くありますが、その実態はどうなのでしょう。

まずは、経口摂取から。この場合コラーゲンは、胃と小腸でアミノ酸や、アミノ酸が連なったペプチドに分解され、小腸の粘膜から吸収されて全身の細胞に運ばれる、という道筋をたどります。つまり、食べたり飲んだりして摂り入れたコラーゲンが、そのまま肌などの組織に届くことは、まずありえません。

また吸収されたアミノ酸やペプチドはどうなるか。これらが体内のコラーゲン合成の優れた材料になってくれれば良いのですが、残念ながら否定的な見方が強いようです。

たとえば、ヒドロキシプロリン。これはコラーゲンが分解されて出来るアミノ酸の一種ですが、変性している為コラーゲンの材料にはなれない、と言われているのです。

ここまで見てくると、「コラーゲンを摂っても、効果はないのかな?」という気になってきますね。しかしながら最近、ヒドロキシプロリンを含むペプチドに細胞の活性化作用がある、という研究結果も出て来ているのだとか。経口摂取におけるコラーゲンの効果の有無については、まだまだ結論は出せないようです。

一方、化粧品など肌からコラーゲンを吸収する場合は、低分子がカギ。肌が吸収できるコラーゲンのサイズは、分子量500程度だそうです。コラーゲンの吸収を期待して購入するなら、分子量の確認は必須ですね。

コラーゲンは効果ない?

「コラーゲンなんか補給しても、効果ないよ」。コラーゲンについて調べていると、しばしばこのような「コラーゲン効果ない説」に行き当たります。実はコラーゲンを食べたり、肌に付けたりする効果については、否定的な意見がかなり強いんですよね。

確かに、「コラーゲンのようなタンパク質は、摂取後にペプチドやアミノ酸に分解されてしまう」「コラーゲンの体内合成に使われるアミノ酸は、コラーゲン由来のものでなくても、どんな食品由来のものでもOK」というのは科学の定説。また、「コラーゲンは高分子化合物である為、そのまま肌から吸収されることはない」というのも、もっともな話なのです。

「わざわざお金を出して、コラーゲンドリンクやサプリを摂るのは無意味」「コラーゲン入りの化粧品は効果ない」という考えに行き着くのは、至極当然・・・という気がしますね。

しかし、コラーゲンに関する詳しい研究はまだ道半ばであり、その中でコラーゲン補給の効果を裏付けるような、新しい事実も出て来ています。たとえば「コラーゲン由来のペプチドが、コラーゲンの体内合成を促進している可能性がある」ということも、最近分かってきたのだそうです。

今後の研究次第では、「コラーゲンの経口摂取効果ない説」も覆されるかもしれませんね。

また化粧品についても、最近は低分子のコラーゲンを配合したものが出て来ています。肌が吸収出来るサイズにまで、コラーゲンを低分子化している訳ですね。

コラーゲン入り化粧品においても、「効果ない」とは言い切れなくなってきているのが、現状のようです。

コラーゲンの大きさ 〜低分子・高分子〜

ドリンク、サプリメント、ジェル、美容液・・・。コラーゲンの効果を謳った商品は、数多く販売されています。今のところ体の中から効いていく食品、肌からの浸透を狙う化粧品と、大きく分けて二つの業界があるのですが、いずれにおいてもキーワードとなっているのが、「低分子化」。

今回は、この低分子化についてお話し致しましょう。

そもそもコラーゲンとは、分子量30万ほどもある高分子の化合物です。これは人間の肌表面の穴のおよそ600倍の大きさで、もちろん肌に浸透することなど土台無理な話です。コラーゲン入りの化粧品が、しばしば「お金の無駄」と言われてしまう理由はここにあります。

ところが近年、低分子のコラーゲンが開発され、その大きさは肌の穴を通り抜けられるものになっているのだとか。本来は高分子であるコラーゲンを小さな単位に切り分け、低分子の形にする技術は確立されているのですね。

しかし、コラーゲンは数千ものアミノ酸が連結した、高分子であってこそコラーゲンであったはず。コラーゲンが切り刻まれて低分子となったものに、コラーゲンとしての働きは可能なのでしょうか?

実は、低分子のコラーゲンである「コラーゲントリペプチド」には、肌の繊維芽細胞のコラーゲン合成を促進する作用が期待出来るそうです。これはアミノ酸が3つ連なっただけのペプチドですから、「これをコラーゲンと呼ぶのは妥当か?」という議論はあるでしょうが、いずれにしろ肌への効果があるなら良いのかもしれませんね。

食品においても、低分子のコラーゲンは「高分子のまま摂るより吸収されやすい」と言われて人気を集めています。しかし、吸収が良くなることにどの位の意味があるのか?という辺りは、ちょっと疑問が残りますね。

進化型コラーゲン

進化型コラーゲン。ご存知の方は、まだ余り多くないかもしれませんね。進化型コラーゲンはアメリカで開発された、これまでにない特長と効果があるコラーゲンです。

「非変性U型コラーゲン」と呼ばれることもありますが、その中身はまさに「進化型」と形容するにふさわしい、画期的なもの。その効果は、医療現場でも注目されています。

コラーゲンには種類があり、皮膚や腱に多いT型コラーゲン、軟骨に多いU型コラーゲン、というようにいくつかに分類されています。進化型コラーゲンは非変性U型コラーゲンですから、つまりは「本来の性質を失っていない、U型コラーゲン」と言えます。

これまで市販のU型コラーゲンといえば精製の過程で分子構造が変わり、変性してしまうものだったのですが、進化型コラーゲンは特殊な製法により、その壁を打ち破ったのです。

そして変性していないU型コラーゲンは、なんと分解されずほぼそのままの形で、小腸から吸収されるのだとか。これはエピトープという抗原の一部が活きていることにより、小腸で異物ではなく栄養素と認識される為だそうです。「経口摂取したコラーゲンは、アミノ酸やペプチドに分解されて吸収される」という常識も、進化型コラーゲンにおいては見事覆された訳ですね。

本来の性質を保ったまま、分解されずに吸収される為、体への効き目も高いそう。U型は軟骨に多いコラーゲンですので、特に関節痛やリウマチに効果があると言われています。

科学・技術の進歩につれ、常識が打破されることもある。進化型コラーゲンの話は、そのことを実感させてくれます。

コラーゲンの不足

コラーゲンの不足、というと、まず浮かぶのが肌の老化。若いころはハリがあり、ツヤツヤだった肌が徐々に衰えてしまうのには、加齢によるコラーゲンの合成量低下が大きく関わっているのですよね。

しかし、血管や骨の老化とのかかわりも見過ごせません。こちらは動脈硬化や骨粗しょう症につながる可能性もあり、実は肌の問題より深刻かもしれません。いずれにしろコラーゲンの不足は、外見的にも内面的にも、体にダメージを与える訳です。

コラーゲンには血管の傷を修復したり、内皮細胞のすき間を埋めて、血管をしなやかに保ったりする働きがあります。コラーゲンの合成能力が落ち、新しいコラーゲンが不足すると、血管は当然硬く傷つきやすいものになり、傷の治りも悪くなるのです。

傷口にはコレステロールが付きやすいので、これが堆積して血管を狭め、動脈硬化や脳梗塞などに至ることも考えられるそうです。

また「カルシウムの塊」と思われがちな骨ですが、その構造を見てみると、コラーゲン繊維にカルシウムが付着して出来ていると分かります。新鮮なコラーゲンが不足すると、コラーゲン繊維は硬く、密度も粗くなり、カルシウムとの結合性が低下するのだとか。結果、骨がスカスカの骨粗しょう症になってしまいます。

コラーゲンの合成能力が落ちていくのは仕方がないことなのですが、上記の様な事態を防ぐ為、出来るだけのことはしておきたいですね。コラーゲンの材料と言えばアミノ酸ですが、体内合成の際には鉄・亜鉛・ビタミンCも欠かせません。

食事のバランスを大切にして、コラーゲンの不足を食い止めていきましょう。
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。