コラーゲンの効果・効能

コラーゲンの効果・効能は、お肌がプルプルになる以外に沢山あるんです。そもそもコラーゲンは人間の体内のあらゆる部分に存在するタンパク質で、タンパク質全体の約3割を占めると言われています。

タンパク質というと筋肉などを想像すると思いますが、コラーゲンは細胞と細胞の隙間に存在するタンパク質で、細胞と細胞を結合し形を保つ効果や、老廃物を排出する効果があります。コラーゲンが加齢と供に減少すると、細胞と細胞の結合を保てなくなり、お肌のたるみ、しわなどを引き起こします。

また、コラーゲンは体内のあらゆる場所にあるため、色々な場所にも影響を及ぼします。具体的には、内蔵機能の低下や骨粗しょう症、関節炎、白髪や抜け毛などです。

コラーゲンが加齢によって失われるのはあたりまえ。だったらアンチエイジングの為にコラーゲンを摂取すれば良いという事になります。しかし、人間の体がどうやってたんぱく質を取り込むかを考えるとちょっと矛盾があると思うんですよね。

コラーゲンを食べるとそれがアミノ酸に分解されて、それが体内でたんぱく質に再合成されますよね。コラーゲンを摂取したからと言って、それが全て体内でコラーゲンに再合成されるのかどうかという疑問が残ります。しかしながら、多くの企業がコラーゲンを摂取する事の効果・効能を謳っているのは科学的根拠があるからなのです。

実は、最近の研究で、コラーゲンを摂取すると体内でのコラーゲン代謝が良くなるという研究結果が出ているのです。コラーゲンを摂取すれば、それだけ体内でのコラーゲン代謝が高まり、アンチエイジングに効果があるという事になるのです。

つまり、コラーゲンを摂取する事による効果としては、加齢によって失われる効果を取り戻すこと・・・といえますよね。

コラーゲンの美肌効果

コラーゲンが美肌に効果的だという情報が良く耳に入ってきます。しかし、コラーゲンを摂取した事による効果ばかりがクローズアップされすぎていて、どういう理由でコラーゲンが美肌に効果があるという事が説明不足のような気がしてなりません。今回はコラーゲンの美肌効果についてわかりやすく説明したいと思います。

人間の皮膚は何層にも分かれていて、大きく分けると表皮、真皮、皮下組織の3つになります。コラーゲンは真皮に存在し、細胞と細胞を結合する働きや老廃物を排出する働きをしています。

コラーゲンは加齢によって不足し、コラーゲンが不足すると細胞と細胞の結合が弱まるので、その結果肌はハリや弾力を失う事になります。つまり、たるみや皺ができるという事ですね。逆に言うと、加齢によるコラーゲンの減少分を補ってあげればアンチエイジングに効果があると考えられます。

巷で販売されているコラーゲン製品を大きく分けると、化粧品などの「塗る」摂取方法と、コラーゲンのサプリメント等の「飲む」「食べる」摂取方法がありますよね。しかし、この大きく分けた二つのコラーゲンの摂取方法ですが、根本的に美肌効果の考えが違います。

化粧品での美肌効果の場合を考えると、コラーゲンをいくら肌に塗ったところでコラーゲンの分子量が大きいので真皮まで到底届きません。つまり、コラーゲン補給による美肌効果は見込めないという事になります。純粋に、コラーゲンの保湿力に期待し角質層の潤いの為に使用することになります。

また、コラーゲンを飲んだり食べたりする美肌効果ですが、コラーゲンを口から摂取しても、タンパク質として体内に取り込まれ、体内でアミノ酸に分解されたから再びタンパク質に再構成されます。その際、摂ったコラーゲンが全てコラーゲンに再合成されるわけではないという事です。

しかし、最近では研究により、コラーゲンを摂取すると体内でコラーゲン代謝が活発になるとの研究結果が出ているようで、それによりある程度はコラーゲンの摂取は美肌効果があると言われています。

髪の太さとコラーゲンの関係

髪の太さとコラーゲンには密接な関係があると言われています。コラーゲンは体内のいたるところに存在するタンパク質の一種ですが、もちろん髪の毛にも存在します。

コラーゲンの役割は、細胞と細胞を結合したり、老廃物を排出したり等、重要な働きをしてくれます。ということは、加齢によるコラーゲン生成の減少により、髪の毛からもコラーゲンが減少し、何らかの減少を及ぼすのではないかと考えるのは自然かと思います。

実際、アメリカで髪の太さとコラーゲンの関係を調べる実験を行い、14gのコラーゲンを2ヶ月間毎日摂取し続けたところ、髪の毛が約10%太くなったという報告もあるようです。コラーゲンの摂取を中止すると髪の太さが元に戻ってしまったそうですが・・・。

このことから、髪の太さとコラーゲンには関係があると考えられます。コラーゲンを摂取しても、体内に吸収される過程で一度アミノ酸に分解され、さらに必要なたんぱく質に再合成されます。ということは、コラーゲンを食べてもたんぱく質を摂ってもどちらも変わらないのでは?という疑問が残りますが、実験によりコラーゲンを摂取した方がコラーゲン代謝が上がるとの事で、効果はあるようです。

髪の太さを太くしたいという方はコラーゲンを積極的に摂取する事をオススメしますが、一緒にビタミンCを摂取すると吸収力が上がるようです。コラーゲンを毎日14gですか。結構な量を食べないといけませんね・・・。
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。