コラーゲンの多い食品

コラーゲンの多い食品はたくさんあります。代表的な例として、牛テール・牛すじ・鳥の手羽先・鳥なんこつ・鳥皮・豚足・うなぎ・鮭・フカヒレ・・・などなど、これら以外にもコラーゲンの多い食品はたくさんあります。

イメージとして、やっぱりプルプルしているものに多いのかな?といった感じです。しかし、コラーゲンを多く含む食品だからといってたくさん食べ過ぎると、脂質を摂りすぎてしまいます。例えば、コラーゲンの多い食品であるウナギでさえ、100g中にコラーゲンは7gしかありません。という事で、コラーゲンの摂取に関してはサプリメントに頼った方が良さそうです。

ちなみに、コラーゲン製品を選ぶ場合、その製品のコラーゲンが何からできているかがわかる製品を選びましょう。また海洋性のコラーゲン(マリンコラーゲン)の方が吸収率が高いといわれています。

とは言っても、サプリメントだけでコラーゲンを摂取するのも難しいので、コラーゲンの多い食品とサプリメントをうまく組み合わせて摂取するように心掛ければ良いと思います。

コラーゲンを摂取しても、体内で一度アミノ酸に分解されてからたんぱく質に再合成されるので、摂取したコラーゲンが全てコラーゲンに再生されるわけではありません。しかし、コラーゲンを摂取し続けると体内でのコラーゲン代謝が高くなるという実験結果も出ていますので、コラーゲンは積極的に摂取したいものですね。

食べるコラーゲンへの疑問

食べるコラーゲンというものが現在盛んに販売されています。食べるコラーゲンと検索すると、華舞の食べるコラーゲン・華舞の食べるコラーゲン魚由来のスティック・華舞の食べるヒアルロン酸コラーゲン・うるおい宣言の食べるコラーゲン・ニッピコラーゲン100などなど、色々な食べるコラーゲンが見つかります。

そこで疑問なのですが、カロリーも少なく、しかもコラーゲンも低分子化して吸収しやすいのでコラーゲン補給に最適とほとんどの会社が謳っている点です。

これだと、コラーゲンを食べるとあたかも全てが体内でコラーゲンになると誤解されると思うんですよね。つまり、コラーゲン食べる→コラーゲン吸収という誤解です。

そもそもコラーゲンはタンパク質の一種で、食べるコラーゲンを摂取すると体内で一度アミノ酸に分解されます。そしてそのアミノ酸が自分が必要とするたんぱく質に再合成されるわけで、食べるコラーゲンの全てがコラーゲンに再合成されるわけではないんですよね。

最近ではコラーゲンを摂取する事で体内でのコラーゲン代謝が活発になるという事がわかってきたの効果があると言われていますが、この辺りのデータがもっとはっきり販売ページに載っていればより信用できると個人的には思っています。

ちなみにコラーゲンは、動物由来のコラーゲンよりも、魚由来のコラーゲン(マリンコラーゲン、フィッシュコラーゲン)の方が吸収率が高いといわれています。食べるコラーゲンを選ぶときはこの辺りもチェックしたいですね。

コラーゲン鍋 効果

最近、女性客取り込みの一環として、コラーゲン鍋をウリにするお店が増えてきました。私もコラーゲン鍋が大好きで、都内の色々な所でコラーゲン鍋を食べました。恵比寿・銀座・新宿・中目黒・渋谷などなど色々いきました。最近ではコラーゲン鍋の素が通販でも買えるので便利です。

さて、コラーゲン鍋とは女性に人気がある鍋なのですが、何故人気があるのかと言えば、美肌効果があるといわれているからです。実際は、最終的に美肌に効果があるかもしれない・・・程度のものなのですが、コラーゲン鍋が美肌に効果的な理由を説明します。

コラーゲンとは、大雑把に説明すると、大きく分けて3層(表皮・真皮・皮下組織)ある皮膚の真皮の部分に存在し、細胞と細胞を結合する役割をするタンパク質です。25歳くらいからコラーゲンの代謝は少しずつ低下し、コラーゲンが低下するという事は細胞と細胞の結合が弱まります。それがしわ・たるみの原因になるわけです。

そこで、加齢によって失われたコラーゲンを補う意味で、コラーゲン鍋やコラーゲンサプリメントなどでコラーゲンを摂取するわけですが、コラーゲンはタンパク質の一種なので、コラーゲンを食べても全てが体内にコラーゲンとして再構成されるとは限りません。しかし、コラーゲンを積極的に摂取するとコラーゲンの代謝能力が高まる事が最近の研究でわかってきているので、日常的にコラーゲン鍋などでコラーゲンを摂取する事は、結果的には美肌に効果があるというわけです。

コラーゲン鍋を食べるときは、スープにもコラーゲンがたくさん溶けているので、スープも一緒に楽しみましょう。コラーゲンサプリメントなどは脂質がカットされているので大丈夫ですが、コラーゲン鍋を食べるときはカロリーの摂りすぎや脂質の摂りすぎに注意してくださいね。コラーゲン鍋で美肌効果を体験してくださいね。

コラーゲンサプリメント

コラーゲンのサプリメントは色々なメーカーから色々な種類のものが出ています。しかし、コラーゲンが含まれたサプリメントであれば何を買っても良いというわけではありません。選び方のポイントをしっかり押さえた上で購入しましょう。

まず、そのコラーゲンサプリメントが何からできているかという情報が必要です。コラーゲンサプリメントは動物由来か魚由来かになりますが、動物由来の場合は豚皮になり、魚由来だと魚皮になります。実験によると、魚由来のマリンコラーゲン(フィッシュコラーゲン)の方が、動物由来のコラーゲンよりも同分子量で7倍ほど吸収率が高いそうです。

その分価格もマリンコラーゲンのサプリメントの方が若干高価になりますが、吸収率が7倍も違うのであればマリンコラーゲンのサプリメントを購入した方が良さそうですね。

また、動物由来のコラーゲンサプリメントも、魚由来のコラーゲンサプリメントも、そのサプリメントがどのような過程を経て作られたかの情報が必要です。加工業者が転々としているコラーゲンサプリメントはその原料も怪しいものです。特定保健用食品、つまり、厚生労働省から認められているかどうかも重要ですよね。

厚生労働省からトクホの認定を受けているのであれば、そのコラーゲンサプリメントの効果が科学的に根拠があるということですから。

溶けやすいコラーゲン

コラーゲンの効果を狙った商品。食品部門では、ドリンク、ゼリー、錠剤、粉末タイプと、大体4つのタイプに大別出来ます。

しかしこれらの食品について調べていると、粉末タイプの商品にはどうも問題点が多いようです。「溶けにくくて使いづらい」「飲み物に入れたが、独特のにおいと味がしておいしくない」など、コラーゲンの効果以前の問題で、使用を中止してしまう方もいるそうです。

味の好みは人それぞれのところもありますが、溶けにくいのはやっぱり困りもの。粉末タイプのメリットは様々な料理やドリンクに入れて楽しめる、ということですから、溶けやすいものが良いですね。

その点、富士フイルムのアスタリフト コラーゲンパウダーはおすすめ。溶けやすいことにこだわったというだけあって、メーカーとしても「冷たい飲み物にも溶けやすい」と自信をのぞかせています。口コミでも「サッと溶けて使いやすい」と評判ですね。肝心のコラーゲンは、分子量700の低分子コラーゲン5000mg。他に、オルニチンなどが配合されています。

また、ファンケルのHTCコラーゲンパウダーも、比較的溶けやすい商品のひとつです。含まれるコラーゲンは、アミノ酸3つが連なった、コラーゲントリペプチドと呼ばれるもの。これが最も、吸収に適した形なのだそうです。商品にはこのトリペプチド2600mgと、ビタミンC・ビタミンEが配合されています。

一般的に粉末タイプの商品は、ドリンクタイプほど高価ではないことが多く、またドリンクタイプのように缶ゴミがたくさん出ることもありません。「コラーゲンの効果は欲しい、でもコストとエコは気になる」という方に、選ばれているようですね。

フラコラの口コミ

フラコラって、お聞きになったことがありますか??

フラコラは、化粧品やサプリメントを扱う美容ブランド。ファンデーションや化粧水から、美顔器、補正下着、ショウガ紅茶・・・と美容に関する商品を数多く取り揃えているのですが、何といっても、コラーゲンドリンクで有名です。

フラコラのコラーゲンドリンク、フラコラ500は芸能人御用達としてメディアで取り上げられ、なんと累計7千万本を売り上げたそうです。最近リニューアルし、現在はフラコラEXの名で販売されています。

しかしこのフラコラのドリンク、一部口コミでは「かなりまずい」と酷評されてきた経緯があるんですね。フラコラ500の口コミでは、「妙な酸味とシュワシュワ感がある」「すっぱかったりピリッとしたりで、なんだかなあ・・・」といった声が挙げられていました。

そこでフラコラEXでは、トロピカルをコンセプトに味も追求したらしいのですが・・・。やはり口コミでは厳しい意見が見られました。「フィッシュコラーゲンの臭みをカバーする為か、変に複雑な味になった」「前よりはまし。でもまずいのはまずい」など、やはり辛めの口コミが目立ちます。

中には、「フラコラは効果あるんだけど、この味じゃ続かない」という方も。コラーゲンドリンクでは、味の良し悪しは軽視出来ないポイントなんですよね。

ただし、人の味の好みには意外なほど幅があるもの。「今まで試したコラーゲンドリンクの中で一番美味しかった!」という絶賛の口コミを含めて、肯定的な口コミも多数見受けられます。

興味のある方は、一度飲んでみると良いかも。試してみる価値はありそうです。

BBコラEX 〜豚のコラーゲン〜

さて、今回は数あるコラーゲンドリンクの中から、BBコラEXをご紹介したいと思います。BBコラEXは、豚のコラーゲンを高濃度で配合していることで人気の商品。豚コラーゲンは最近、その効果がテレビの人気番組で取り上げられ、注目度が高まっているコラーゲンです。

BBコラEXは豚のコラーゲン16000mgに、ヒアルロン酸、ビタミンC、ヘスペリジン、LシトルリンやNアセチルグルコサミンなどを配合。コラーゲンを採る豚の産地にもこだわり、国産豚のコラーゲンを使用しているそうです。一本当たりのお値段はかなり高いのですが、「BBコラEX、試してみたい!」と熱い視線を送っている女性は少なくないようですね。

それにしても、コラーゲン配合商品を選ぶ際に気になるのが、「豚と魚、どっちが効果が高いの?」ということ。現在、ドリンクやサプリに配合されているコラーゲンは、豚由来のものと魚由来のものが大半を占めていると言われています。

消費者としては、どちらがより良いのか知りたくなる訳ですが、メーカーのHPでは「安全・安心のフィッシュコラーゲン」「豚コラーゲンの効果はすごい」などの説明で終わっていることが多いです。BBコラEXのサイトでも、「なぜ豚コラーゲンが良いのか?」という点は触れられていなかったりします。

実は、口コミでは「魚より豚由来のコラーゲンの方が、効果を実感できた」という声が結構多いようです。ただ、それが豚コラーゲンならではの特徴の為なのか、あるいはその銘柄の製法が優れていた為なのか・・・。その肝心の理由は未だはっきりしない、といったところです。

やはり、個々の商品を自分で試してみるしかないようですね。
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。