コラーゲン入りの化粧品

コラーゲン入りの化粧品を買うのはどういう理由からでしょうか。多くの人が、おそらくコラーゲンを肌から補給する・・・と考えるのではないでしょうか。実はそれは大きな間違いだったりします。

コラーゲンが何処に存在するかというと、何層にもある肌の真皮の部分にあります。真皮の部分で、細胞と細胞を連結する働きをするわけです。コラーゲンは、もともと分子が巨大なので、いくら分子を細かくする事に成功しても真皮には届かないんですよね(届く商品もあるようです)。

つまり、コラーゲンが化粧品に入っていても、コラーゲン本来の働きは期待できないんです。では何故多くのメーカーが化粧品にコラーゲンを入れるのかというと、コラーゲンの保湿力に着目しているからなんです。あとは、コラーゲンというタンパク質自体が人体に多く存在するため、肌になじみやすいという理由もあります。

つまり、コラーゲン入りの化粧品をアンチエイジングの為に購入するのは間違いだといえるのではないでしょうか。

コラーゲンは中から生成するものと考え、タンパク質を摂ったり、コラーゲンの多い食べ物やコラーゲンのサプリメント、飲むコラーゲンなどを利用しましょう。

ヒアルロン酸やビタミンCなどを一緒に摂ると、体内でのコラーゲン代謝を助けてくれる作用があるそうなのでオススメです。最近ではヒアルロン酸やビタミンCなどが含まれたドリンクもありますので積極的に利用しましょう。

あくまで、コラーゲン入りの化粧品は肌の保湿の為のものと考えるのが基本です。
スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。